Nikon D300

Nikon D300

3年くらい前にオークションで安く落札したら周りの皮やゴムが膨張してベロベロになったのが届いた。
機能的には問題なさそうだったのでそのまま使っている。(一時はD610なんか使ってた時もあったけど諸般の事情で売却してしまった。)
最近はAFレンズを付けるとシャッターもまともに切れないけどMFレンズだと普通に使えるのでそのまま使っている。

micro-nikkor 55mm f2.8二代目

micro-nikkor 55mm f2.8

最初に買ったmicro-nikkor 55mmはヘリコイドが固く無理やり回したら壊れてしまったので買い直したもの。
ヘリコイドの調子もよく、ここ2〜3年くらいはほとんどの写真をこのレンズで撮影している。

Micro-Nikkor 55mm

オークションで落札したAi-S micro-nikkor 55mm f2.8 を使ってみた。庭の雑草や、部屋の小さなシーサーの置物や貝殻を撮ってみたけど、やはり絞りを絞りリングで調節して手動でフォーカスする撮影は楽しい。ただ残念なことにヘリコイドはかなり堅い。このレンズの持病みたいなものでしかたないのだろうか。
まあこのレンズを使うのは小さな貴重種を撮るときとか特別な時だけなので、なんとか我慢して使うしかない。


シーサーの置物

Nikon D200

Nikon D3100を売ってしまってから植物の撮影は実家で放置されていたNikon D70sを使っていたけど、実家で時々使うときに持ってきてくれとか言われるので、オークションでNikon D200のNIKKOR AF-S 18-55mmレンズセットを落札。

Nikonのマニュアルフォーカスのレンズが使える中でなるべく安いものを探したところ、Nikon D1xなどもが最初候補にあがったけど、さすがにちょっと古いし重いしで実用性が低そうなのでD200を選択した。
Nikon D200
nikon d200

画素数も10.2メガピクセルと丁度良く、Ai-Sレンズで絞り優先オートでの撮影ができるので、Ai Micro-Nikkor 55mm f2.8Sを付けてマクロ撮影をするつもりだ。

ニコンのデジタル一眼レフの中級機以上のカメラは使ったことがなかったけど、ちょっと使ってみたところ各部の作りがしっかりしていて、操作性も良く流石という感じだ。

今年はこのカメラを持ってちょっと山奥に行き、山野草や山の樹木を撮影したいけど、時間と資金をまわせるかどうか…

それから肝心の55mmのマクロはフォーカスリングが硬いので柔らかくならないかと何度も回しているうちに壊れてしまい全くフォーカスが動かなくなってしまったので銀座のニコンセンターにでも行って修理してもらおうかと思っている。