神峰ハイキングコース、ショウジョウバカマ、高鈴山

ショウジョウバカマというのは北関東や福島では低山で普通に見られる植物だが、千
葉辺りでは変種のシロバナショウジョウバカマが一部に生育するのみだ。
図鑑アプリにどうしても載せたいので青春18切符の2回目を使い、日立市の高鈴山辺
りにこの植物を撮りに行くことにした。
朝8時半頃、家を出て武蔵野線、常磐線を乗り継ぎ昼前に日立駅に到着。

日立駅はオーシャンビューの立派な駅だ。

 

日立駅からの景色

観光情報センターで周辺のハイキングマップを貰って歩き出す。
道路の端にヒメスミレが咲いている。
かみねレジャーランドのところから登山道に入る。

園内ではヒュウガミズキが花をつけている。

登山道の脇の斜面にタチツボスミレが咲いてる。

鞍掛山を越えて車道を渡った先の階段で、あっけなく1株のショウジョウバカマを見
つけた。
あまりきれいではないが2、3枚撮っておく。

ショウジョウバカマ

この調子だとショウジョウバカマはあちこちにあるかと思ったが、この後は歩けど歩
けど出てこない。

ツルリンドウらしき葉が目に着く。

他のめぼしい植物もないので、なんだか面白くないなぁと思っていると、登山道脇に
スミレ がぽつぽつ咲いていた。
またタチツボかと思ったが、よく見ると柱頭の先が所謂カマキリの頭型で葉もタチツ
ボとは違う。
まだ写真が撮れていないマキノスミレかと、やや興奮気味に撮影したが撮り終わって
よく考えてみると葉が細くもなく立ち上がってもいないのでヒナスミレだろう。

側弁の基部に毛もある。

ヒナスミレ

神峰山までの道のりは長く、ショウジョウバカマがあると言う御岩山の辺りまで行け
るのかだんだんと不安になった。
ようやく神峰山に近くなり、時間がないので山頂の巻道を通ると、本日2度目のショ
ウジョウバカマに遭遇。2株ほどだか花はまだ咲きかけだ。

御岩山の近くに行くと山頂近くの岩場は東日本大震災の影響で通行禁止になってお
り、迂回路があるせいで道がわかりにくく、ぐるぐると道に迷ってしまった。
ショウジョウバカマの群生が見られるというのがどの辺りなのかわからなくなり、日
も傾いてきて帰り道の方が心配になってきた。
半ばショウジョウバカマは諦め、陽向台方面という地図に載っていないのでどこだか
わからない地名の方にちょっと行ってみようと思い行ってみると登山道の左側、やや
急斜面の落葉樹林の下に点々とショウジョウバカマが咲いていた。
50株ほどもあり花も咲きたてのようできれいだ。
撮影するには文句なしの群落で何枚も撮影した。

目的も果たしたので少し戻って日鉱記念館の方に降りる道から帰ろうと思ったが、何
故だか高鈴山への一本道に乗ってしまった。

前方に高鈴山頂のレーダー塔が見える。

開き直って高鈴山の山頂まで登り、山頂でようやくお昼用に買っておいたおにぎりを
食べた。

高鈴山頂

5時を回っていたので早く車道に出たかったけど結局普通に神峰ハイキングコースを
回り、途中真っ暗になってしまったので、ヘッドランプを初めて使い、日立高鈴ゴル
フ倶楽部のところで車道に出て、更に長い道のりを歩いたり走ったりして、ぎりぎり
8時過ぎの電車に間に合った。

 

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です