秋の初め樹木や野草を撮りに大菩薩嶺へ

青春18きっぷ期限切れ最後の日、残り1回分を使い大菩薩嶺に行った。

朝6時頃の電車に乗り武蔵野線から西国分寺で中央線に乗り換え高尾でもう一度乗り換えて9時15分に塩山駅に到着。

9時半の大菩薩登山口行きのバスに乗り登山口へ。バスは空いていて登山客は自分を含め2人だけだった。

しばらく車道を歩き丸山峠への分岐から登山道に入り丸山峠を目指す。

序盤はかなりの急登でややなまった体にはきつい。

花はほとんど見当たらないので落葉樹の葉や幹の写真を撮った。

ツノハシバミ

ネジキ

 

アズキナシ

ウリハダカエデ

ハウチワカエデの類

葉はかなり大きい。

 

ブナ

 

1時間ほど歩いた頃、ようやく青い花が咲いていた。

カメバヒキオコシだった。

カメバヒキオコシ

 

更に少し歩くと突然林から開けた草地に出た。よく知らない小さな花が咲きアザミが蕾を付けている。

丸山荘に着いたが時間がないので素通りする。

遠くに巨大な植物が黄色い花を付けている。

マルバダケブキだ。

 

草地を抜けて再び樹林のなかを進む。

辺りは苔むして涼しくきもちいい。

相変わらず下層に植物は少なく花もないので苔の写真を撮ってみた

 

時間がないと思いどんどん登ったらあっさりと頂上付近へ。

頂上地点は間違えて一度通過してしまい、スマホのGPSで気づき戻って頂上でおむすびを食べた。

 

頂上付近はナナカマドが多い。

ナナカマド

帰りはカラマツ尾根を通り上日川峠をまわる。

頂上から少し行ったあたりは草地でコウリンカが点々とあるが、花は終わりかけている。

柵もあるのでなかなか良い被写体が見つからず満足な写真は撮れなかった。

コウリンカ

その後5〜6頭の鹿の群れに会った。

 

上日川峠まではたくさんの登山客がいたがその先の登山道はだれにも会わなかった。

これといった植物もなかったがときどき背の低いヤマホトトギスが花を付けていた。

大菩薩登山口のバス停に着いたがバスの時間まで一時間以上あったので、塩山駅までの道のりの半分位歩いて途中のバス停でバスに乗った。

 

甲府駅でおみやげのワインを買いモスバーガーを食べて帰った。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です