小櫃川の下流部でメハジキを撮影

メハジキという花は図鑑ではお馴染みだが、実際にはあまり見たことがない。

撮れそうな場所をネットの情報を元にいろいろ検討したあげく、千葉の小櫃川の下流部へ行ってみることにした。

10月初めころに決行。

内房線で巌根駅まで行き、そこから海の方へ向かった。

しばらくして小櫃川に到着。橋を渡り右岸沿いを歩く。

草刈り跡でメハジキの根生葉らしきものを発見。

メハジキの根生葉

周辺で花を探してみたが見当たらない。

更に下流へと歩きメハジキの花を探すが、なかなか見つからない。

堤防から民家を見下ろし、ふと後ろを見るとそこにメハジキの花があった。

思ったよりこじんまりとしていたのでそれまで気づかなかった。

メハジキ

 

メハジキの花

周辺を探すと何株かはある。

メハジキ群落

存分に写真を撮って下流に行くと川に出て行き止まりに。

戻って堤防の外を歩くと盤洲干潟に着いた。

ここでイガオナモミを発見。

イガオナモミ

海へ向かって歩いたが深い水たまりであきらめ引き返した。

 

木更津のアウトレットに寄って帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です