三つ峠でアツモリソウ、キバナノコマノツメ、キバナノアツモリソウ…

アツモリソウ目当てで三つ峠に行くことにした。

今回は珍しく友人と2人連れだ。

朝5時前に起きて武蔵野線、中央線を乗り継ぎ大月で友人と合流。先に大月駅に着いていた友人におにぎりを買っておいてもらった。

富士急行で終点の河口湖駅に着くと駅は外国人でごった返していた。

河口湖駅
河口湖駅

河口湖の方へ10分ほど歩いてロープウェイに乗る。小さなロープウェイで直ぐに上に着くがけっこう標高を稼げる。

富士パノラマロープウェイ
富士パノラマロープウェイ

降りてすぐの展望台は富士山がよく見えるが残念ながら雲でほとんど隠れている。

富士山
富士山

とにかく三つ峠方面へ歩き出す。登山道にほとんど人はいない。なだらかな尾根をしばらく歩く。

ヤマシャクヤクの葉がある。

斜面下の方に白い花が咲いていたので双眼鏡で確認するとクサタチバナだった。

クサタチバナ
クサタチバナ

斜面を降りて苦労して撮影したがその後登山道脇にクサタチバナはいくらでも咲いていた。

マイヅルソウが時々花を付けていた。

マイヅルソウ
マイヅルソウ

木無山の少し手前でお昼を食べた。少し急な上り坂を過ぎるとやや平らになり柵で囲われたところを見るとアツモリソウが咲いていた。

アツモリソウ
アツモリソウ
アツモリソウ
アツモリソウ

初めて自生のアツモリソウを見ることができた。柵の隙間から写真を撮った。
木無山の山頂に到着。

地図に花畑マークが付いていたので三つ峠登山口方面に少しだけ降りてみた。

アツモリソウは見つからなかったけどクリンユキフデ、マイヅルソウの群生などがあった。

クリンユキフデ
クリンユキフデ
マイヅルソウ
マイヅルソウ

ヤグルマソウも撮影。

ヤグルマソウ
ヤグルマソウ

飛び出した岩で記念撮影

富士山は相変わらず雲の中。

屏風岩が見える。

屏風岩
屏風岩

三つ峠山荘の辺りで外国人数人が平凡社のフィールド版の植物図鑑を持ってツクバネウツギの花を見ていた。こっちも便乗して撮影した。

キバナウツギ
キバナツクバネウツギ?

キバナツクバネウツギとか言っていた。(追記:キバナウツギのようです。)

その先でカモメラン、キバナノコマノツメ、トリガタハンショウヅル、ルイヨウボタンなどを立て続けに発見。

キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ
カモメラン
カモメラン
ルイヨウボタン
ルイヨウボタン
トリガタハンショウヅル
トリガタハンショウヅル

残すはキバナノアツモリソウくらいだ。

少し行くと保護の柵がありのぞいて見るとキバナノアツモリソウが何株か綺麗に咲いていた。

キバナノアツモリソウ
キバナノアツモリソウ
キバナノアツモリソウ
キバナノアツモリソウ

実物を見るのは初めてだけど思ったより小さくて可愛らしい。その後もキバナノアツモリソウは何ヶ所かあった。

群生するキバナノアツモリソウ
群生するキバナノアツモリソウ

三つ峠(開運山)山頂に到着。

せっかくなので御巣鷹山の山頂まで行って戻り三つ峠駅方面に下る。

アツモリソウの花。

アツモリソウの花
アツモリソウの花
檻の中のアツモリソウ
檻の中のアツモリソウ

ユキザサの仲間。

ツクバネソウの仲間。(追記:ベニバナノツクバネウツギ?)

急斜面の道をしばらく歩くと屏風岩の下にでる。

ウチョウランの標識があったのでよく見るとそれらしき葉があった。花がないか探したけど見当たらない。

八十八大師。

八十八大師
八十八大師

その後はひたすら急な下りを歩き続けてようやく車道に出た。

車道を何度か走っては友人を待つ。

タツナミソウの仲間があった。(追記:ヤマタツナミソウ?)

更に車道を進み風呂に入ろうとグリーンプラザに行くとまさかの閉館日。諦めて三つ峠駅に向かう。

今頃になって富士山の雲が晴れた。

富士山
富士山

最後に靴の紐が引っかかり転んで右手の親指を負傷。

三つ峠駅に着き電車に乗った。

スマホで調べると都留市駅近くに寄り道湯という温泉があるようなので都留市駅で降りて行ってみた。予想外にモダンな設備の温泉で汗を流し、ビールを飲み夕飯を食べて帰った。

今回三つ峠で出会ったその他の植物

シロバナヘビイチゴ
シロバナヘビイチゴ
ツルシロカネソウ
ツルシロカネソウ
ヤマドリゼンマイ
ヤマドリゼンマイ

ミヤマカラマツ
ミヤマカラマツ
クルマバツクバネソウ
クルマバツクバネソウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です