高尾でセッコク、ベニバナヤマシャクヤク

高尾でセッコクとベニバナヤマシャクヤクが咲いたという情報があったので、望遠ズームと三脚を持って出かけた。本八幡から都営新宿線に乗り新宿で京王線に乗り換えて11時半頃高尾山口駅に到着。

まずは6号路のセッコクを目指した。

しばらく行くと杉の木に1箇所セッコクが付いていた。その先には杉の木を覆うようにたくさんのセッコクが咲いていた。

慣れない三脚を準備して、70-300mmのズームを付けて撮影した。登山道はけっこう人が通るので広めのところを探して三脚を設置して撮った。

セッコク
セッコク
セッコク
セッコク

一度三脚を畳み、一通りセッコクを見て一番登山道から近そうなセッコクを狙いもう一度撮った。

セッコク
セッコク

あまりアップでは撮れなかったけど良しとして次は先日見つけた大垂水峠近くのベニバナヤマシャクヤクを目指す。

6号路から稲荷山ルートに入り、5号路とぶつかるあたりで家から持ってきたロールパンを3つ食べた。

もみじ台を通り、大垂水方面へ進む。山岳救助隊と思しき5人位の若者とすれ違った。

オカタツナミソウがきれいに咲いていた。

オカタツナミソウ
オカタツナミソウ

イナモリソウやニガナも。

イナモリソウ
イナモリソウ
ニガナ
ニガナ

学習の小道を通って甲州街道へ。

その先は先日通った道を通る。

わずか1週間ほどの間にハクウンボクやエビネの花は終わっていて、ワニグチソウの花も萎れていた。

ベニバナヤマシャクヤクの辺りに行くとまずは先日見つけた花のない小さな株がありその先の大きな株にも花は付いていなかった。やはりもう終わってしまったかと思いふとよこを見るとベニバナヤマシャクヤクが咲いていた。先日気づかなかった大きな花のない株があったようだ。

花はやや開きすぎて終わりかけの様相だがちゃんと6枚の花弁が付いていて綺麗だった。

ベニバナヤマシャクヤク
ベニバナヤマシャクヤク
ベニバナヤマシャクヤクの花
ベニバナヤマシャクヤクの花

しばらく写真を撮ったり眺めたりして過ごした。

目的を果たしたので、その先のベンチで残りのロールパンを食べて休憩。先日ベンチの上に沢山這いまわっていた黒い毛虫が羽化したのか白い綺麗な蛾が何十匹もひらひらと飛び回っていた。

小仏城山の辺りにもベニバナヤマシャクヤクがあるらしいので小仏城山へ向かう。

山頂手前の草原にはアザミの花が咲いていた。

小仏城山
小仏城山

山頂北側の尾根にあたりを付けてベニバナヤマシャクヤクを探してみたけど見つかりそうにないので止めにした。

まだ日が高いのでなんとなく景信山を目指す。

景信山
景信山

景信山山頂で日暮れまでの時間を検討して明王峠まで行き相模湖駅方面へ下山することにする。底沢峠を過ぎた辺りでたまたま目についた踏み跡を入ると目の前にベニバナヤマシャクヤクの花があった。探していたわけでもないのに全くの偶然だった。先日踏みつけてしまって見つけたカヤランといい不思議なことが続く。

ベニバナヤマシャクヤク
ベニバナヤマシャクヤク
ベニバナヤマシャクヤク
ベニバナヤマシャクヤク

今度は花は固く閉じていてまだこれからという感じだ。隣の小さな株はもう花が終わっている。

明王峠に着いた頃には日も暮れてきたので体力も限界に近いけど出来るだけ走った。それでもやがて走れないほど暗くなり、最後はヘッドランプを使って真っ暗な中神社のあるところに下山した。

相模湖
相模湖

コンビニで炭酸飲料を買って飲み、中華料理屋で台湾ラーメンを食べて相模湖駅から電車で帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です