カヤランのその後

先日正丸峠の周辺でカヤランを探した時、落ちた木の枝に着いているのを偶然見つけたカヤランを見に行くことにした。その時は花が咲くのが2週間後と踏んだけど花が終わってしまうんじゃないかと心配になったので早めに行ってみた。

午後の日差しの中、正丸駅からまっすぐカヤランのあった場所を目指して歩いた。

途中の道路脇の梅の木に着くカヤランを見つけたが花は完全に終わり萼だけが残っていた。

カヤラン
カヤラン

登山道に入りまずは

前回と同じように小高山山頂のベンチでポリッピーやゼリーを食べて、カヤランの谷へ向かった。

カヤランがちゃんと残っているだろうか?花が咲いているだろうかと思いながらカヤランを置いた場所に行くと、立てかけた杉の枝もカヤランもそのまま残っており小さな黄色い花が一輪だけ咲いていた。

カヤラン
カヤラン

一見地味に見えたがよく見るときれいに咲いていた。

何枚も写真を撮ったが小さな花はぼやっとした感じでなかなかくっきり写らない。花は風で常に小刻みに揺れているのでブレてしまうらしかった。ISOを1600くらいまで上げてようやく満足な写真が撮れた。

カヤラン
カヤラン
カヤランの花
カヤランの花

帰りは伊豆ヶ岳山頂を経て谷沿いのマイナールートをを通って西吾野駅に抜けることにした。

伊豆ヶ岳へ向かう途中ヒゴスミレらしき葉を発見。

伊豆ヶ岳の山頂付近はヤマツツジが咲いていてきれいだ。

ヤマツツジ
ヤマツツジ
伊豆ヶ岳山頂
伊豆ヶ岳山頂

山道を下りた先の谷は昔に戻ったようなのんびりとした集落。

沢ではクリンソウが咲いていた。

クリンソウ
クリンソウ
クリンソウの花
クリンソウの花

道端にはママコナのような花が咲いていた。(追記:タツナミソウの仲間と思われます。)

暑さで疲れて舗装道路を走る元気もなく、ほとんど走らずに歩いて西吾野駅に7時頃到着した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です