久しぶりに佐倉の里山へ

トリカブトの花が撮りたくて奥多摩方面でも行こうかと思ったけど早起き出来ず、替わりに以前よく行った佐倉の里山へ行くことにした。
Nikon D610も試したい。
船橋のドトールで昼を食べて京成でユーカリヶ丘へ。
里山へ行く道すがらiPhoneで道端の植物を撮影。

チカラシバ
チカラシバ

ミゾソバ
ミゾソバ
クサギ
カラスウリ
カラスウリ
イヌタデ

久しぶりに平地に来たせいか気になる植物が多い。

里山に着くとすぐに丘陵部のトリカブトが何株かあったところに行ってみたけどなぜかトリカブトはすっかりなくなっていた。
枯れてなくなったかとも思ったけど早すぎる気がする。
谷津田のあたりも一通り歩いてみる。
コナギが咲いていたので撮影したが55mmのマクロではFxフォーマットになった分望遠が効かずアップでは撮れなかった。


ミズオオバコも咲いていて今度はキットのズームレンズも使ってみたけどあまり寄ることが出来ない。


もう少し望遠のレンズが必要かも知れない。
最後に谷津田で以前トリカブトがあった場所に行ってみた。
ほとんど期待しないで歩いていると道端の地面近くで紫色の花らしきものが目に付いた。
見るとトリカブトの花が倒れかかって地面すれすれで咲いていた。
タイミングもばっちりできれいに咲いている。
葉が深く3裂しているのでツクバトリカブトだろう。
やや暗かったけどD610はISO1600辺りでもほとんど問題なく撮影できるので綺麗に撮ることができた。


この前小仏峠でレイジンソウを撮った時にこのカメラがあればもっと綺麗に撮れただろうなと思った。
目的の植物も撮影できたので満足して帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です