Xoom2 Media EditionをICSにアップデート後にroot化

Xoom2 Media Editionは購入後すぐにICSにアップデートしたので、rootをとるには

DroidRazrRoot404.zipを使った。

準備としてwin7のマシンにandroidの開発環境を整え、USBドライバを入れるため

motorolaのアプリをインストールした。

Xoom2 Media EditionをUSBでつなぎDroidRazrRoot404.batを実行すると無事root化できた。

Xoom2 Media Edition

Expansysで安かったのでXoom2 Media Edition
を購入した。
送料とあわせて21500円くらいだったけど、後から税金の請求が1000円来た。
それでも多分最後の放出品で安く買えたと思う。
10インチのタブレットは少し重過ぎるし7インチは画面が小さすぎると感じていたので、
8.2インチのXoom2 Media Editionは自分にはベストサイズだ。
解像度も1280x800と条件を満たしている。
大きな欠点はフォントが中華フォントだという点と、MicroSD等のカードスロットがない
ということだが、<これはrootを取ってフォントを入れ替えることと、USBホスト機能が
あるので外付けのカードリーダを利用することでなんとかカバーできそうだ。

実際手に持って使ってみると店で触ってみたIpad miniと似たような大きさだ。
画面はやはり小さく感じるが、何とか許せる範囲内だ。
これ以上大きくなると片手で持つのは困難になるので仕方ない。
CPUはOMAP4430というやつでTegra2より動画再生には強いらしい。
RAMは1Gで,ROMは16G。できれば32G欲しかった。

USBホストが使えるのでキーボードコレクターの私はMicroUSBの変換ケーブルと、以下3つ
の折りたたみキーボードを注文した。

・パピヨン
・サンコー USB折り畳み式ミニキーボード USMINKBK
・ASUS USB Tablet Bi-Fold Portable Keyboard PA875

このうちパピヨンとサンコーのは届いたが両方ともいまひとつだ。
パピヨンはキーの反応が悪すぎるし、サンコーはUSBのコネクタが特殊すぎてMicroUSBに
変換する巻き取り式のケーブルが入手できそうにない。
もっともサンコーは昔palmのPDAで使われていたTargusのキーボードをUSBに転用したもので
懐かしかったので買ってみただけなのだが。(実は昔買ったWorkpad用のを今でも持っている。)
Asusのに期待するしかない。

 

 

 

文字の設定

TextViewの文字サイズ、色、背景色、配置を設定するには以下のようにする。

TextView plantName = new TextView(this);
plantName.setTextSize(20);
plantName.setTextColor(Color.WHITE);
plantName.setBackgroundColor(Color.BLACK);
plantName.setGravity(Gravity.CENTER_VERTICAL);

vncの起動

vncを起動するコマンドは

vncserver :1 -geometry 1600x1200 -depth 24

停止するには

vncserver -kill :1

lan内のインターネットサーバにドメイン名でアクセスする

debianのメインマシンからipアドレスでlan内のサーバマシンにアクセスするとリンクに絶対参照を使うwordpressのページ(このぺーじ)がちゃんと表示されなかったので、macchisoft.dip.jpのドメイン名でアクセスできるようにメインマシンの/etc/hostsに以下の一行を追加。(仮にサーバのipを192.168.1.10とする)

192.168.1.10     macchisoft.dip.jp

is11tでシェルスクリプト

せっかくキーボードがついているのでシェルスクリプトくらい出きるようにしようと思い設定して見た。

まずはroot化。

windowsパソコンにjavaとAndroid SDKをインストールしてパスを通す。

IS11T ADB用USBドライバをここからダウンロードしてインストール。説明を読んでadb_usb.iniに0x04C5の一行を追加する。

is11tをUSBでつないで、auto rootkit is11t v1.2.zipをここからダウンロードして解凍しBATファイルを実行。ブロンプトでいくつかの質問に答えればroot化完了。

プレイストアから端末エミュレータをインストール。

プレイストアからBusybox Installerをインストールして実行。Virsion1.20.2ではエラーでインストールできなかったので1.20を選ぶと無事Busyboxがインストールできた。

あとは適当なシェルスクリプトをつくり端末エミューレータで

sh file.sh

でシェルスクリプトが動いた。

X60sをSSD化

HDDを64GのSSDに付け替えてリカバリーかけるとブルースクリーンのエラー。

ググってBIOSの

Config -> Serial ATA (SATA) ->”SATA Controller Mode Option” を “Compatibility“に変更したところ無事にリカバリーできた。

 

REGZA Phone IS11T

qwertyキー搭載のスマートフォン探してたら東芝からREGZA Phone IS11Tなんていうのが出てる。

文章入力はやりやすそうだ。AUだけどWifi端末として買ってもいいかも。

オークションだと1万円弱くらいだし…