ピラミッドを書く

public class Piramid {
	public static void main(String[] args) {
		int n = 10;
		int asta = 1;
		for(int num = 1; num <= n; num++){
			for(int i = 0 ; i < n-num; i++){
				System.out.print(" ");
			}


			for(int i = 0 ; i < asta; i++){
				System.out.print("*");
			}

			for(int i = 0 ; i < n-num; i++){
				System.out.print(" ");

			}

			System.out.print("\n");
			asta += 2;
		}
	}

}

 

Debianでjpeg画像の圧縮

imagemagickをインストールして

mogrify -scale 1200 -quality 90 *.JPG

これでフォルダ内全てのjpeg画像が幅1200px、圧縮比90%で上書き保存される。

TextViewでリンクを貼る

String setumei =
"<a href=\"http://macchisoft.dip.jp\">ここ</a>をクリック";
TextView textViewKaisetu =
              (TextView) findViewById(R.id.text_kaisetu);

        MovementMethod mm = LinkMovementMethod.getInstance();
	textViewKaisetu.setMovementMethod(mm);
	CharSequence cs = Html.fromHtml(setumei);
	textViewKaisetu.setText(cs);

これで「ここ」にリンクが貼れる。<br>も有効になり改行される。

URIで送ったデータを受け取る

loanchplanttab://macchisoft.com/plant?name=sakura

というURIから起動されたActivityでsakuraという文字列を取得するには

Uri uri=getIntent().getData();
        if(uri != null){
        	plantname = uri.getQueryParameter("name");
        }

URIでActivityを起動

まずはマニュフェストで設定。起動させたいActivityの中にintent filterを入れる。

<intent-filter> 
  <action android:name="android.intent.action.VIEW" />
 <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" /> 
  <category android:name="android.intent.category.BROWSABLE"/> 
  <data android:scheme="loanchplanttab"
           android:host="macchisoft.com"  
           android:pathPrefix="/plant" />
</intent-filter>

上の例だと起動のためのURIは

loanchplanttab://macchisoft.com/plant

となる。

queryを使って複数条件でデータを取り出す

色が赤で草丈が低と言う条件でsqliteのplanttableからデータを取り出したいときはこんなかんじ。

String where = "iro LIKE ? AND kusatake LIKE ?";
Cursor cursor = db.query("planttable",
 new String[] { "name", "icon" }, where, new String[] { "赤", "低" },
null, null, null);

?の所に赤と低がそれぞれ入る。
ちなみに赤や低の代わりに%を入れると全てヒットする。

zip圧縮

カレントディレクトリのjpegファイルを無圧縮でimg.zipという圧縮ファイルに保存。

zip -0 img.zip *.JPG

icsでroot化のXoom2 Media Editionのフォントを変更

ここからダウンロードしたMTLmr3m.ttfをドロップボックスでタブレットに移動し

esファイルエクスプローラを使って/system/fonts/にコピーしパーミッションを他のフォントと同じにする。

さらに多分必要ないけど私の場合はDroidSansJapanese2.ttfにリネームした。

system/etc/fallback_fonts.xmlを編集し

<family>
<fileset>
<file>DroidSansFallback.ttf</file>
</fileset>
</family>
</familyset>

の前に以下を挿入する

<family>
<fileset>
<file>DroidSansJapanese2.ttf</file>
</fileset>
</family>

再起動すると中華フォントが変更されていた。